FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊の平均治療費って

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


今日は 不妊の平均治療費って についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

それでは今回のお話を見ていきましょう。
↓↓
女性のための健康生活ガイド「ジネコ」を運営するバズラボは
2010年3月~2012年4月の2年間にわたり、不妊治療によって妊娠した人
(26~46歳女性、平均年齢34.2歳)へのアンケート調査を行った。

>>市販品で不妊を改善する


その結果、不妊治療の妊娠までの平均治療費は140.6万円、
平均治療期間は25カ月であることがわかった。

不妊治療費

治療別で見ると、高度不妊治療によって妊娠した人の場合、
「体外受精」で妊娠した人の平均治療費は134.2万円平均治療期間は29.2カ月。
「顕微授精」で妊娠した人の平均治療費は166.6万円、平均治療期間は32.3カ月だった。

なお、今回の調査は、妊娠した人を対象に実施。
なかなか妊娠できず、不妊治療を続けている人は多く、それらを含めると
調査結果以上の治療費、治療期間を有していると予想される。

日本産科婦人科学会によると、不妊治療の一つである体外受精による
出生数は2万6,680名(2009年)で、全出生数の2.5%(40人に1人の割合)。
その数は年々増加している。


P R 妊活に必須なマカ・葉酸・ヘム鉄が凝縮されています




不妊治療をおこなうにはその治療費は平均してもかるく100万円はこえます。

短期間で妊娠するためにもなるべく若いうちに、そしてたっぷりの栄養をとって

万全の状態を作っておくことが大切です。

不妊治療をすれば必ず妊娠するというわけではないので、自分でできうる妊活はしっかりとしておく必要があります。

栄養管理や体を常に温めておくことや、ストレス管理など少しでも妊娠する確率を上げておくと良いですね。

不妊治療のために破産をしてしまったという話もよく聞きますのでしっかりと計画して不妊治療をしていかなければならないです。




赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓





このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます。
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます。
↓↓





もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ


(参照サイト : http://news.mynavi.jp/news/2012/06/01/042/index.html )
スポンサーサイト

妊娠確率を上げるための方法!こんな生活習慣&食事がNGだったについて

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


今日は 妊娠確率を上げるための方法!こんな生活習慣&食事がNGだった についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

それでは今回のお話を見ていきましょう。
↓↓
妊娠したいという女性は多いものの、なかなか授からないという方も多くいます。
不妊に悩む女性たちが、妊娠確率を上げるために日々試行錯誤をしています。
そこで、咲江レディスクリニックの院長 丹羽咲江先生に、妊娠の確率を上げるための方法を伺いました。
妊娠しやすくなる生活習慣や身体、食事法は必見です!

■ 妊娠確率は上げられる?

現在、「赤ちゃんが授からない」と不妊治療をする女性が多くいますが、そもそも妊娠の確率は上げられるものなのでしょうか?

「赤ちゃんができにくい原因を探って、適切な治療を行えば妊娠する確率を上げることはできます。
原因をはっきりさせて、妊娠しやすい身体に整えることが肝心です。」(丹羽先生)

■ 妊娠の確率を上げるためにはどうすればいい?

妊娠の確率を上げるために、普段、生活しながら自分でできることには何があるのでしょうか?

「まずは喫煙や飲酒の習慣を見直すことが大事です。
特に喫煙は卵巣機能にとって有害であることは研究によってはっきりしています。
喫煙すれば必ず不妊になるとは言い切れませんが、続けていると妊娠しにくい身体になってしまいます。
煙草に含まれるニコチンなどの有毒物質は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの産生を抑制しますし、若いうちに閉経する恐れもあります。
他にも、喫煙は妊娠までに時間がかかることや、流産率が高くなることがいわれています。
飲酒については、1週間にワイン5杯(ビールなら中瓶4本)以上飲むべきでないとイギリスの学会でも推奨されていますので、できるだけ控えることが大事です」(丹羽先生)

他に気を付けるべきこと、例えば身体づくりについては何を心がければいいのでしょうか?

「女性の不妊の原因の約12%は、肥満、もしくはやせによるものだといわれています。
BMIが30(身長160cmの場合、体重76.8kg以上)以上の方は、妊娠するまでに時間がかかりますし、自然流産しやすくなります。肥満傾向のある方は、体重減少で妊娠率は上がります。
また、やせすぎも月経異常や第二度無月経をもたらし、妊娠しにくくなるといわれています。
BMIが19(身長160cmの場合、体重48.6kg以下)より少ない方は体重を増やすと妊娠率が上がります。
それぞれの方の体重に応じた食事量と内容を考えなくてはなりません。」(丹羽先生)

具体的にはどのような食事を心がけるといいのでしょうか?

「『妊娠してから生活習慣や食習慣を変えればいい!』と思っている女性を多く診察しますが、妊娠前からきちんとした生活習慣や栄養のバランスを考えた食事を心がけることが大切です。
今、多くの女性にタンパク不足や貧血が見られますので、タンパク質や鉄分は意識的に摂りましょう。
また、パスタやラーメンなどの炭水化物ばかり食べていると、栄養のバランスが悪くなってしまいます。
血液検査の結果を見て、自分に不足しているものが何なのかを知るといいですよ。」(丹羽先生)

タンパク質と鉄を同時に摂取できる食材には、秋が旬のイワシやカツオの他、レバーや卵、大豆などがあります。
タンパク質は赤身の肉やチーズ、鉄分はあさりにも豊富です。
ぜひ意識的に摂取したいものですね。

妊娠の確率が上がるかどうかは、普段の過ごし方と密接にかかわっていることがわかります。
妊娠してから生活習慣や食習慣を変えるのではなく、今から生活習慣や食生活を見直しましょう!


P R 妊活に必須なマカ・葉酸・ヘム鉄が凝縮されています




妊娠確率をあげるにはやはり生活習慣や食生活を改善することが大切ですよね。

私もずっと生活環境の改善をオススメしてきていますがみなさん改善できていますか?

改善できている人もいるしできていない人もいると思いますので、今回はできていない人にオススメの改善を載せてみます。

仕事や性格上なかなか改善できていないなら、まずはきっかけを作るのが良いです。

全部一度に治していくのではなくちょっとずつ改善するのが簡単ではじめやすいですね。

それも簡単なことからはじめていきましょう!

毎朝決まった時間に起きる。

食事はまず野菜から食べる。

お風呂は十分に温まる。

禁酒日をつくる。

タバコは1日に吸う量を決める。

など、どれか1つだけはじめていきそれが苦痛でなくなってきてから次の項目にすすむのが良いです。

全部いっぺんに頑張ろうとするから挫折するので、少しずつ自分のペースで頑張ってみましょう。




赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓





このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます。
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます。
↓↓





もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ


(参照サイト : http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141020-03933544-mynaviw )

卵子の老化が進む? タバコが「妊娠・出産」に及ぼす3つの恐ろしい影響について

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


今日は 卵子の老化が進む? タバコが「妊娠・出産」に及ぼす3つの恐ろしい影響 についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

それでは今回のお話を見ていきましょう。
↓↓
子どもが欲しい女性にとって、喫煙がタブーであることは周知の事実ですよね。
とはいえ、「妊娠・出産なんてまだ先のことだから」とタバコの害を深刻にとらえていない女性も多いようです。

美加レディースクリニック院長・金谷美加先生によれば、不妊治療のために同クリニックを訪れる女性のなかで、これまでに喫煙していたことのある人は少なくないといいます。
タバコに対して漠然と悪いイメージはあっても、どんな危険性があるのかきちんと周知されていないのが現状なのでしょう。

そこで、今回は、金谷先生の著書『30代までに絶対に知っておきたい卵子の話』をもとに、タバコが妊娠・出産に及ぼす恐ろしい影響についてお届けしたいと思います。


■ タバコを吸うと卵子の老化がどんどん進行

加齢にともない卵子は徐々に老いていきますが、喫煙によってそれが加速すると金谷先生は警鐘を鳴らしています。

「タバコを吸っている人は、卵子の質が悪く、実年齢より5歳は老化が進んでいるといっても過言ではありません。
これは私自身が診察や治療を通して、日ごろ実感していることです。

タバコには数千種類の化学物質が含まれており、約40種類は発がん性物質です。
まさに有毒物質の巣窟なのです」

“まだ20代だから、子どもを産むのはもう少し先でもいい”と思っている人でも、喫煙のせいで卵子の老化がかなり進んでしまっているおそれがあるのですね。

喫煙で卵子の老化が進むと、不妊や流産のリスクが高まるだけでなく、閉経の時期が5~10年早くなることもあるといわれています。


■ 生まれてくる赤ちゃんまでもが不妊になるおそれも

タバコは、母親に悪影響を及ぼすだけではありません。
母親の喫煙のせいで、生まれてくる赤ちゃんまで不妊になるおそれがあるようなのです。

「ある研究で、喫煙している妊婦さんのおなかにいる赤ちゃんの卵巣を調べたところ、赤ちゃんの卵子の数も激減していました。

胎児が男の子の場合でも、精子のもとである精祖細胞の減少につながり、生まれてきた赤ちゃんの精子の数が少なくなることがわかっています」

生まれてくる赤ちゃんにまでこのような影響が及ぶのですから、もはや“自己責任で吸うから別にいい”なんて理屈は通用しませんよね。


■ 禁煙してもすぐには“きれいなからだ”になれない

女性スモーカーのなかには、“妊活を始めてから禁煙すればいい”と考えている人もいることでしょう。
しかし、それでは手遅れになるおそれも……。

「タバコに含まれる化学物質は、1度体内に入ると10~15年も排出されません。
タバコの本数と喫煙年数が多ければ多いほど、体内に蓄積される量は多く、残留期間も長いのです」

つまり、禁煙すればすぐに“妊娠しやすいきれいなからだ”になれるわけではないということ。
“いずれ禁煙すればいいや”という甘い考えで吸い続けていると、いざ子どもが欲しくなったときには卵子はもうボロボロ……という悲惨なことにもなりかねないでしょう。

また、女性が吸わない場合でも、夫がヘビースモーカーだと危険です。
喫煙者の周りにいる人が吸い込む副流煙は、喫煙者自身が吸い込む煙の数倍から数十倍以上の有毒物質を含んでいるのだそうです。
ぜひ夫婦そろって今すぐ禁煙に励みましょう。


「タバコって健康によくない」という認識はあっても、実際にどれほどの被害があるのかは、よくわかっていない女性も多いのではないでしょうか?
今回お届けしたタバコのリスクを肝に銘じて、タバコとはすっぱり縁を切りましょう!


P R 妊活に必須なマカ・葉酸・ヘム鉄が凝縮されています




タバコが体に悪影響を与えることは誰しも知っていること、もちろん妊娠にも影響しています。

今回はタバコの煙がどのようにして妊娠に影響を与えるのかを掘り下げた内容を載せてみました。

喫煙による卵子の老化が進むと、不妊や流産のリスクが高まるだけでなく、閉経の時期が5~10年早くなるし、その子供までもが不妊になるということ。

とにかく良いことなんてないですね。

自分がタバコを吸わなくてもパートナーがタバコを吸っていると、副流煙で思った以上に影響を受けてしまうものです。

だからと言って、「タバコをやめて!」と言わずに「妊娠・出産のためにタバコは控えて」とか「タバコは外で吸ってほしい」というと案外受け入れてもらえることが多いそうです。

それにしても体内に入ったタバコの化学物質が体外に排出されるまで10年以上かかるとは思いませんでした。

よくタバコをスパスパ吸っている人は最近少なくなってきましたが、なるべく副流煙には気をつけて生活しましょうね。




赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓





このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます。
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます。
↓↓





もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ


(参照サイト : http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141015-00102915-wooris )

働く女性の54%が「女性は不利だと感じた」出産後の仕事や給与の差について

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版

今日は 働く女性の54%が「女性は不利だと感じた」出産後の仕事や給与の差 についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

それでは今回のお話を見ていきましょう。
↓↓
エン・ジャパンは、7月24日~9月30日にかけて、同社サイト「エンウィメンズワーク」利用者の女性544名を対象に「働きやすい職場」についてアンケートを実施した。

○ 「不利だと感じる」年代を重ねるごとに上昇する傾向に

働く中で、女性であることが不利だと感じたことはあるか尋ねたところ、「ある」と54%が回答した。
不利と感じたことがある人の割合は、年代を重ねるごとに上昇(20代48%、30代56%、40代58%)している。

不利と感じる理由について聞くと、最も多い回答は「出産後に仕事を続けにくい」(48%)だった。
「出産後の仕事復帰の際に役職やポジションを落とされることが当たり前(24歳)」「出産を経ると子供が大きくなるまではキャリアを邁進するには難しい状況と感じる(37歳)」などの意見が寄せられている。

不利と感じる理由の2位は「給与・待遇に差を感じる」(44%)だった。
年代別に見ると、20代が27%、30代が43%、40代で57%と年代が上がるごとに上がっている。
理由として「同期男性は3年経つと昇格するが、女性ということでほっとかれている(29歳)」「男性のみに支給される手当がある(27歳)」などが挙げられた。


○ 約6割が「現在の職場は働きやすい」

現在の職場は、働きやすい職場と言えるか尋ねたところ、「言える」(17%)と「どちらかといえば言える」(40%)が計57%、「どちらかといえば言えない」(27%)と「言えない」(16%)が計43%という結果になった。

働きやすい理由について聞くと、1位は「職場の雰囲気が良い」(57%)、2位は「労働時間が適正・融通が利く」(52%)だった。
30代・40代ではこの項目が1位になっており、家庭の事情に応じて働くペースを変えられることなどが「働きやすい」と感じる要因になるようだ。

女性が働きやすい職場にするために必要だと思うことを聞くと、1位は「職場復帰支援の充実」(58%)、2位は「育児休暇制度の充実」(57%)、3位は「短時間勤務制度の充実」(51%)だった。
出産・育児に限らず、不妊治療や介護などさまざまな事象が発生する中で、柔軟な勤務形態を受け入れる土壌が必要という意見が挙がっている。


P R 妊活に必須なマカ・葉酸・ヘム鉄が凝縮されています




昔と比べれば女性が仕事する環境はかなり良くなってきてはいますが、この出産に関してはまだまだ難しい問題が多いのが現状ですね。

産休・育休をとることで1年以上会社を休むことになるわけですから、会社に迷惑がかかることは確か。

だからと言って、復帰後の給与がへることはおかしいですよね。

大きなプロジェクト前に休むことで大きな損失が出てしまったりとかならまだわからないでもありませんが、産休や育休をとることで役職をはずされたりすることは間違っていると感じます。

子供が産まれることは会社にとってマイナスになることもあるかもしれませんが、それなら最初に契約時に言ったり規約などに書いておくべきことですよ。


などと私がブログで意見を言っても世の中の体制を変えることはできないので、せめて妊娠・出産しても安心できる方法をしらべてみました。

簡単なことなのですが、産休・育休が認められている職場を選ぶこと、特に男性の育休を認めているところは安心できるそうです。

また、会社が大きいところ、つまり大手企業であればあるほどこの傾向が高いためできるならこのようなところに移ることも視野に入れておくといいかもしれません。

今いる職場を離れられない場合は妊娠する前に上司や同僚に根回ししておくことで回避できたという例もありましたよ。




赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓





このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます。
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます。
↓↓





もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ


(参照サイト : http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141003-00000019-cobs )

妊活中の女性必見!血液中の「アノ値」が高いと妊娠しにくくなると判明について

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版

今日は 妊活中の女性必見!血液中の「アノ値」が高いと妊娠しにくくなると判明 についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

それでは今回のお話を見ていきましょう。
↓↓
現在、“妊活”に励んでいる方もいらっしゃることでしょう。
不妊は晩婚化や、食生活の変化など、様々な原因が考えられるようですが、パートナーである男性側にも問題があることが増えてきています。

しかし、妊活に励む人たちが、意外に知らない衝撃の事実があるのです。
なんと血液中のある値によって、妊娠しやすさが変わってくるというのです!

そこで今回は、過去100年間において生物学・医学分野でおおいに影響力のある雑誌『The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism』に発表された論文を参考に、“妊活中の人は避けるべきあるもの”について紹介します。



■ コレステロール値が高いと妊娠しにくくなる?

アメリカ国立衛生研究所が、18歳から44歳までのカップル500組を1年間追跡調査した結果、血中のコレステロール値が高いカップルほど、妊娠しにくくなるという調査結果がでました。

さらに細かく見ると、男性の血中コレステロール値が正常で、そのパートナーである女性の血中コレステロール値が高いと、妊娠にしにくくなることが判明しています。



■ コレステロールのコントロールには食事が大切

意外にも、体内にあるコレステロールの7割前後は、体内で合成されています。
だから、食事からコレステロールをとらなくても、血中にはコレステロールがあるのです。

また、食事からコレステロールをとり過ぎても、健康な人なら一定量以上は吸収されません。
食事からたくさん入ってきたときには合成が減り、それでも多すぎる場合は肝臓などにためるはたらきがあって、血中コレステロールは一定に保たれています。

ところが高コレステロールの人はこのシステムに乱れが生じて、コレステロールを蓄積しやすくなっています。
ですから、血中コレステロールが高い人は、食生活に気をつけることが何よりも大切です。
とくに、食品自体に多くのコレステロールを含む、マヨネーズ、魚卵、卵などは避けてください。

また、血中のコレステロールを増やす食品として明らかになっている肉や、バターやチョコレートなどに含まれる飽和脂肪酸も控えましょう。
逆に体内のコレステロール値を下げる働きをする野菜、果物など不飽和脂肪酸を多く含む食品は積極的にとりましょう。



以上、“妊活中の人が知っておくべきコレステロールの意外な影響”についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
コレステロールが妊娠に影響を与えているということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

まさに“妊活”中の方は、このコレステロールはもちろん、食生活や生活リズムに気をつけて、元気な赤ちゃんを産んでください。


P R 妊活に必須なマカ・葉酸・ヘム鉄が凝縮されています




妊娠するためには赤ちゃんを受け入れるための体作りはとっても大切です。

以前からこのブログでもとりあげているように妊娠率は私達の体の状態に大きく左右されるのです。

このコレステロールもその内の1つですね。

統計でも出ているデータですのでしっかりと対策しておく必要があります。

食品自体に多くのコレステロールを含む、マヨネーズ、魚卵、卵などは避けてくださいと書いてありますが、食べても大丈夫ですよ。

ただ重複して食べたりしなければ良いのです。

毎日簡単な計算をして必要量は食べておきましょう、神経質になりすぎるのは妊娠に良い影響は与えないですからね。

現在ぽっちゃりしている方は妊娠しやすい状態にするために、今の生活習慣を改善しておくことも必要ですよ。

常に前向きに!

そして少しでも妊娠率をあげるための努力をしておきましょうね、自分自身の健康にもつながりますよ^^




赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓





このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます。
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます。
↓↓





もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ


(参照サイト : http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141001-00100585-wooris )
         
プロフィール

ひよこのこ

Author:ひよこのこ
不妊治療をしている私が持っている知識を皆さんに知ってもらおうと奮闘するブログです。
是非皆さんの知識もブログに投稿してください!

不妊クリニックでも採用

なんと不妊治療専門クリニックでも
使われる実力派サプリメントです

和漢+酵素の力

和漢の力と酵素の力で妊活サポート
妊娠しやすい体を作り上げれます

東尾理子さんが使用しているサプリ

東尾理子さん中村江里子さん愛用
これが妊娠の秘訣のサプリ

赤ちゃんの準備では必須です

葉酸は厚生労働省から妊娠前の
摂取を推奨しています

ママになるための体作り

マカの力で赤ちゃん

オススメ

不妊友達の数

ランキング

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。