FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン症児の出生が過去15年間で倍増

みなさんこんにちは

今日は ダウン症児の出生が過去15年間で倍増 についてのお話です

不妊についての知識を深め安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょう

それでは今回のお話を見ていきます。
↓↓
ダウン症で生まれる赤ちゃんの数が過去15年間で約2倍に増えているとする推計が、日本産婦人科医会の全国調査の分析をもとにまとまった。
高齢妊娠の増加に伴い、ダウン症の子を妊娠する人が増えていることが背景にあるという。
同医会が全国約330病院を対象に毎年実施している調査結果を、横浜市立大学国際先天異常モニタリングセンターが分析した。
出生率とダウン症


 ダウン症で生まれた赤ちゃんの報告数は1995年が1万人あたり6・3人で、2011年は13・6人と倍増していた。

 また、ダウン症を理由に中絶をしたとみられる数も推計。
95~99年の中絶数を基準とすると、05~09年は1・9倍に増えていたという。
妊娠を継続していれば生まれていたとされるダウン症の赤ちゃんの数の推計では、11年は1万人あたり21・8人だった。
調査では実数を出していないが、11年の人口動態統計の出生数に当てはめると、ダウン症の赤ちゃんは約2300人生まれるはずだったが、実際に生まれたのは約1500人となる。
差の約800人の一部が中絶されたとみられる。

 この15年間で超音波検査による出生前診断などが広がっている。
昨年4月には、妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断が導入された。
半年間の集計では、異常が確定した56人のうち9割以上が中絶を選んでいた。
センター長の平原史樹教授は「今後、中絶数がどう変化するか、注意深く見守っていく必要がある」と話す。
結果は19日、東京都内で開かれる日本産科婦人科学会学術集会で発表される。


(参照サイト:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000006-asahi-ent)





ダウン症の子供が増えているのはやはり高齢出産が原因であることは間違いないですね。

年々結婚・妊娠が晩年化しているためこのようなグラフが今後もこのまま推移しそうですね。

ダウン症にならないようなお薬など開発はまだこないのでしょうか・・・。

ちなみに妊娠時には血液検査や羊水検査でダウン症がどうかはある程度わかります。

もし経済的理由やその他家庭の事情でダウン症の子供を受け入れることが難しい方は知識として知っておいてください。

でもできれば大切な自分の子供をダウン症の有無で中絶して欲しくないというのが私の意見です。

それぞれの家庭にはそれぞれの事情があると思いますのでもちろん決めるのはあなたです。

後悔しないようきちんと旦那様や家族の方とお話してくださいね。



(お知らせ)私のオススメを紹介します
>>妊活女性が選ぶ効果の高いマカサプリメント

女性の妊娠力を高めるため是非とも手に入れておきたいですね
これは持っていて損はしないと思いますよ^^



このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます





自宅でお小遣い稼ぎができますよ 私もやっています
毎月2~3000円ほど現金がもらえるので凄く助かってます^^



もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ
スポンサーサイト

男性のプライドが治療の妨げに…激増する不妊治療の相談について

みなさんこんにちは

今日は 男性のプライドが治療の妨げに…激増する不妊治療の相談 についてのお話です

不妊についての知識を深め安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょう

今日オススメする書籍は 富坂美織 さんによる 「2人」で知っておきたい妊娠・出産・不妊のリアル という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>「2人」で知っておきたい妊娠・出産・不妊のリアル

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

元マッキンゼーのコンサルタントでもある専門医が、最新の研究結果とデータ、現場での体験を交えて解説する実用読み物。女性の体のしくみと妊娠・出産の情報に加えて、一般には知られていなかった高齢出産の現実、不妊(不育)治療の実際、出生前診断の実態などのテーマを取り上げる。

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
不妊の原因は女性側に求められがちだが、世界保健機関(WHO)によると全体の48%は男性側にあるとされる。
専門家によると、こうした現実と認識のずれや、男性の持つプライドなどが、治療を遅らせる結果につながっているという。

 厚生労働省によると、全国の不妊専門相談センターに寄せられた相談は平成24年度が2万1452件で、9年度の1891件から10倍以上に急増している。

不妊相談件数


 一方、WHOの国際調査によると、男性が体内に通常保有すべき精子の最低基準値は、1998年から2011年の間に約20%も下がった。
環境ホルモンなどの影響ともいわれるが原因は判然とせず、その中で男性不妊患者は潜在的に増えている。

 「不妊治療では、男性も当事者意識を持ち、夫婦同時に診察を受けることが重要だ」。
全国でも珍しい男性不妊の専門医である「リプロダクションクリニック大阪」(大阪市北区)の石川智基医師が指摘する。
しかし、現実には「女性だけが治療を続ける習慣が今も残っている」という。

 男性が治療を受ける妨げとなっているのは、男性側の意識にあるようだ。
石川医師は「男のプライドや、自分は大丈夫という根拠のない自信が治療を遅らせ、出産における女性のタイムリミットが近づいてしまう」と指摘している。


(参照サイト:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000505-san-soci)




不妊治療は女性だけでおこなうものではありません。

子供が産まれないと言うだけで女性のせいにするのはおかしいですよ。

男性側に問題があることも多いのです。

まだまだ不妊に関する知識不足が世間に浸透していない証拠ですね…残念です。

不妊はなかなか周りの人に相談しにくいものなので、もしそうかな?と言う人がいるなら迷惑でなければ相談にのってあげてほしいです。

それだけでも全然精神的に違ってくるのですから。


それにしても男性のプライドには困ったものですよね。

その根拠のない自信は一体どこからくるのでしょう?

やはり不妊は二人の話し合いが大切なんだなぁと再確認しました。



(お知らせ)私のオススメを紹介します
>>妊活女性が選ぶ効果の高いマカサプリメント

女性の妊娠力を高めるため是非とも手に入れておきたいですね
これは持っていて損はしないと思いますよ^^



このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます





自宅でお小遣い稼ぎができますよ 私もやっています
毎月2~3000円ほど現金がもらえるので凄く助かってます^^



もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ

焦りは禁物…「子どもがほしい」ストレスが妊娠を遅らせるについて

みなさんこんにちは

今日は 焦りは禁物…「子どもがほしい」ストレスが妊娠を遅らせる についてのお話です

不妊についての知識を深め安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょう

今日オススメする書籍は 濱崎勲重 さんによる 困ったときの周産期看護 という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>困ったときの周産期看護

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

この本では、大学病院や公私立病院、個人病院において、日常の産科周産期看護のなかで遭遇した患者の身体上の問題をはじめ不安や葛藤、ストレスなどさまざまな看護上の問題について、豊富な臨床経験を持つベテランナースが解決方法を具体的に言語化していただくことを心がけてます。

目次 : 第1章 患者の不安や訴えに対する援助(不妊治療後、高齢出産に不安を訴える母親/ 羊水検査を受けるべきか迷っている高年初産婦 ほか)/ 第2章 患者のADLの拡大への援助(退院に向けた保健指導の受入れが悪い褥婦の看護/ 切迫早産で長期臥床のため下肢の廃用萎縮をおこした患者 ほか)/ 第3章 ハイリスク妊産婦への援助(帝王切開術後に創部にMRSA感染をおこした患者/ 緊急母体搬送となった妊婦 ほか)/ 第4章 患者指導とコミュニケーション(言葉の通じにくい外国人妊婦への対応/ 知的障害のある妊婦 ほか)

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
妊活で「体温が低いと、授かりにくい」とよくいわれますが、実は体温が高すぎても、授かりにくいのです。
また、体温が低すぎる、高すぎる体質にあらわれる体の不調もあります。

たとえば、免疫力の低下、疲労、老化促進、のぼせやすいなどの症状があります。
妊活には、基礎体温を管理して、適温に整えて妊娠力を高めることが大事です。

今日は、妊活中の体温についてお伝えしたいと思います。



■体温が高すぎると循環が悪くなることも……

「赤ちゃんがなかなかできない」という人のなかには、低体温(36℃以下)か高体温(37℃以上)の人が多くみられます。
妊娠に体温が大事なのは、卵子と精子が受精し、受精卵が子宮のなかで育っていくためです。
ですから、ある程度の適温が必要です。

低体温は、卵子を温めるための体温が足りないため妊娠しづらい体質です。
高体温の場合は、体のなかを循環する血液に熱がこもって、体にいろいろな不調があらわれるので妊娠しづらいのです。



■ストレスがたまると余分な熱がたまる

「体温が高くて、低温期と高温期の境目がわかりにくい」、「生理前になると体温が高くて熱っぽくなる」という人にとって、“ストレス”は大敵です。
ストレスがたまると体に余分な熱がたまります。
体温が高い人は、普段の仕事や不妊治療でもストレスを感じやすいので、注意してください。

余分な熱をためないためには、普段からクヨクヨしないことも大切といえるでしょう。



「早く子どもがほしい!」という思いは大事ですが、心から楽しめる趣味をもつなど、できるだけストレスを外に出す環境をつくることも遠回りのようで意外と近道なのかもしれません。
体温を調整する漢方やお茶などで適温を保つことなども考えてみるといいと思います。

(参照サイト:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130420-00017368-wooris)




熱が低いと妊娠しにくくなることは知っていましたが、高くてもダメだとは思いませんでしたね

ちなみに高すぎる体温は37℃以上なんですって

通常の体温が高い人って37℃くらいありますよね?また。低い人って35℃くらいの人もいますよね?

これだけでその人は妊娠しにくいということなんですか…

免疫力の低下、疲労、老化促進、のぼせやすいなど、色々大変なのですね

では常に36度にするにはどうしたらよいのでしょう?

記事では漢方やお茶が有効らしいですね!

調べてみたら一応あるみたいですね ⇒ 女性のためのサポートティー

                       ⇒ 漢方 当帰養血精


調べていて思ったんですが薬用養命酒とかはダメなのかな?


また、ストレスはやはり万病のもとですね、もちろん不妊にもなります

ホルモンのバランスは崩れるしイライラするし体温も上がる

体温が高い人は、普段の仕事や不妊治療でもストレスを感じやすいので、注意してくださいね



(お知らせ)私のオススメを紹介します
>>妊活女性が選ぶ効果の高いマカサプリメント

女性の妊娠力を高めるため是非とも手に入れておきたいですね
これは持っていて損はしないと思いますよ^^



このバナーから無料で不妊治療を成功させる冊子がもらえます
このブログでも参考にしている不妊に関する様々な情報が得られます





自宅でお小遣い稼ぎができますよ 私もやっています
毎月2~3000円ほど現金がもらえるので凄く助かってます^^




もし参考になってたら応援のポチお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


健康と医療(不妊) ブログランキングへ
         
プロフィール

ひよこのこ

Author:ひよこのこ
不妊治療をしている私が持っている知識を皆さんに知ってもらおうと奮闘するブログです。
是非皆さんの知識もブログに投稿してください!

不妊クリニックでも採用

なんと不妊治療専門クリニックでも
使われる実力派サプリメントです

和漢+酵素の力

和漢の力と酵素の力で妊活サポート
妊娠しやすい体を作り上げれます

東尾理子さんが使用しているサプリ

東尾理子さん中村江里子さん愛用
これが妊娠の秘訣のサプリ

赤ちゃんの準備では必須です

葉酸は厚生労働省から妊娠前の
摂取を推奨しています

ママになるための体作り

マカの力で赤ちゃん

オススメ

不妊友達の数

ランキング

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。