スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは知っておきたい!流産と染色体異常の確率について

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

ありがたいことに私は妊活をずっと続けてきたおかげで39歳にして妊娠・出産をすることができました。

みなさんにも子供ができないと言うストレスに負けず、効果的な妊活をすることで妊娠する確率が上がることを知って欲しい。

そして、みなさんの要望により私が実践してきた不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版
↑↑
(* 必ず役に立ちますのでお気に入りの登録をしておいてください )


今日は これは知っておきたい!流産と染色体異常の確率 についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

今日オススメする書籍は 河合蘭 さんによる 卵子老化の真実 という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>卵子老化の真実

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

本書は、20年以上日本の出産現場を取材してきた著者が3年以上の歳月をかけて完成した話題の本。東尾理子・石田純一夫妻のブログで話題になった出生前診断や、卵子の在庫数を調べる最新検査、日本を代表する病院の医師や助産師の本音から高齢出産の経験談、高齢母の子育てまでを徹底取材。わかりやすいイラストやグラフ満載で衝撃的な「卵子の老化」の真実に迫る。「本当のところ何歳まで産めるの?」残り時間が気になる30代40代女性はもちろん、将来が気になる若い女性にも妻や娘の体が心配な方にも読んでほしい一冊です。

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
高齢出産では、ダウン症の子が生まれやすいということは、現在ではよく知られています。
ダウン症は染色体の異常によって発症するもので、合併症として心臓の病気が起きやすくなります。

妊婦さんの年齢が20歳では約1500人に1人の割合ですが、30歳になると約1000人に1人、35歳だと約400人に1人、40歳では約100人に1人、45歳になると約30人に1人の割合でダウン症の子が生まれます。

ダウン症確率

妊婦の年齢が高齢ということは、卵子も高齢ということです。
卵子が年をとっている分、ダウン症やその他の染色体異常にもかかる率が高いということになります。

ある当直の日のことです。
「先生、赤ちゃんが生まれてしまいました」
と男性が飛び込んできました。

妊婦さんの陣痛が始まり、パートナーの男性が自家用車を運転して病院に連れてきたのですが、到着寸前に生まれてしまったと言います。

私は「おかしい!?」と思いました。
通常、初産の人は陣痛がきても簡単には生まれないはずです。
急いで駐車場まで走っていって車のドアを開けると、後部座席が血まみれになっていました。
赤ちゃんを抱き上げ、顔を見ると耳の位置が低く、ダウン症特有の顔をしていました。

おそらく、この子はダウン症だから早く生まれたのです。
染色体異常の子は早産になりやすく、陣痛がきてから出てくるまでの時間が短いという傾向があります。

「トリソミー」と呼ばれる染色体異常にはダウン症以外のものもあるのですが、赤ちゃんにダウン症以外のトリソミーがある場合は、ほとんど短命になってしまいます。
だからこそ、無事に生まれたからには、この赤ちゃんが周囲の愛情をいっぱい受けて、幸せな人生を送ってくれることを心から願っています。
(参照サイト:http://diamond.jp/articles/-/35029?page=3)

全国200以上の不妊専門クリニックも採用している妊活サプリメントです。
世界で初めて不妊症に対する有効性が確認された実力派サプリなので信頼性◎
↓↓




今回は歳を重ねた年齢によるダウン症の可能性についてのご紹介です。

20歳と45歳ではダウン症になる可能性が全然違うことが見てよくわかる内容となっていますね。

このグラフを見る限りでは35歳を境界にしてグンと確率が上がってきています。

私も以前に載せました妊娠する確率と照らし合わせても35歳が境界でしたので、なるべくこの35歳までに妊娠することがかなり重要だということが証明できると思います。

ですが35歳を過ぎたら絶望なのかと言えば意外にそうでもありません。

ただ確率が低くなっているだけです、妊娠の可能性は十分にあることを忘れないでください!

確率が低いということは何度も挑戦するや妊娠率を上げることで成功しやすくなるものなのです。

あきらめることはありません!

妊娠しやすくする生活や体を作り上げて、なるべくストレスを軽減すれば妊娠する確率は思っている以上に上がるものです。

妊娠できないのは意外にそれが出来ていない人が多いんですよ。

妊娠したいのであればきちんと妊娠するための環境を作り上げることが大切です。

私のホームページに妊娠しやすくする方法を載せています。
さらに見やすく分かりやすい内容にまとめてみました ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


(お知らせ)  私のオススメを紹介します
>>不妊治療食事と生活改善を楽天でさがす

みなさんが知ってる豊田一さんが書かれた有名な本ですね
読んで損はしないと思いますよ^^


全国200以上の不妊専門クリニックも採用している妊活サプリメントです。
世界で初めて不妊症に対する有効性が確認された実力派サプリなので信頼性◎
↓↓





こちらは和漢の力に酵素の力をプラスした妊活サプリメントです。
漢方の作用と酵素の力によって妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。
↓↓




スポンサーサイト

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版
↑↑
(* 必ず役に立ちますのでお気に入りの登録をしておいてください )


今日は 知らないなら読んでみて!不妊治療がどのようにして進むのか についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

今日オススメする書籍は 濱崎勲重 さんによる 困ったときの周産期看護 という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>困ったときの周産期看護

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

本書では、大学病院や公私立病院、個人病院において、日常の産科周産期看護のなかで遭遇した患者の身体上の問題をはじめ不安や葛藤、ストレスなどさまざまな看護上の問題について、豊富な臨床経験を持つベテランナースが解決方法を具体的に言語化していただくことを心がけたお話です。

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
妊娠は基本的に20代から30代半ばまでに起こりやすく、30代後半になるとその可能性は下がっていきます。
経産婦さんに関してはっきりした定義はありませんが、35歳以上の初めての妊娠、出産を迎える女性のことを「高齢初産婦」といいます。
この「高齢初産婦」、いわゆる「高齢出産」の方がとても増えています。

?高齢出産にはさまざまなリスクがともないます。
?まず、帝王切開になることが多いと思ってください。
?理由はいくつかあります。

1つは、不妊治療等で子宮筋腫などの手術既往がある場合に、子宮破裂など自然分娩で起こる事故を防ぐためです。

私が以前勤務していた地方病院でこんなことがありました。
その方は1回目の出産は帝王切開でしたが、2回目は自然分娩にこだわっていました。
病院側は何度も帝王切開をすすめましたが、女性のこだわりが強いので「事故があっても自分で責任をとる」と一筆書いてもらい自然分娩を試みました。
ですが心配した通り、子宮が破裂し、赤ちゃんが亡くなってしまいました。
お母さんの救命も大変でしたが、何とか一命は取りとめました。
そして、自己責任と確認しあっていたにもかかわらず、訴訟になってしまいました。

このようなケースが全国で何件かあり、9割方の医療機関では、1回目のお産で帝王切開を受けた人や子宮の手術をしている人は、2回目以降も帝王切開となっています。
自然分娩はリスクが高いのです。

2つ目の理由は、高齢出産の場合、妊娠中に血圧が上がったり、糖尿病になりやすいからです。
そのために妊娠継続がむずかしくなることがあり、赤ちゃんを守るために帝王切開になることがあります。

3つ目の理由は、後で詳しく述べますが、高齢出産になると、染色体異常や胎児の障害のリスクが高くなります。
あまりにも早産の場合や、胎児に重い障害があったり、胎児の状態が悪くて腟から出てくる元気がないときには帝王切開になります。

4つ目の理由として、分娩のときに赤ちゃんの心拍が下がる、胎盤に異常が起こる、母親がいきめずに母子ともども疲れてしまうなどから、帝王切開となってしまうことがあります。

私がある地方病院で当直を担当したときのことです。
その妊婦さんは45歳でした。
陣痛誘発剤を入れても生まれる気配がありません。
「2日間様子をみましたが生まれません。赤ちゃんの心拍数が何度か下がってきているので帝王切開に切り替えましょう」と提案したところ、「帝王切開は絶対いやです。私は自然に産みたいです」と、それから押し問答になってしまいました。
陣痛誘発剤を使っても生まれず、妊婦さんも赤ちゃんも疲れきっている場合、帝王切開に切り替えないと厳しいというのが私たち産婦人科医の見立てですが、患者さんは「まだ大丈夫」と思ってしまうのです。
説得は続き、夜の10時になりました。
「赤ちゃんはくたくたに疲れています。このままだともちません。
助けるために早く帝王切開にしましょう」と言っても、「あと2時間粘ります」と陣痛がくるのを待ちました。
結局、夜中の12時になって「疲れました。帝王切開にしてください」と納得してくれました。

帝王切開をしたくない理由は「体を傷つけたくない」「ナチュラルバース(自然分娩)を望んでいる」「バースプランにこだわりがある」などさまざまでしょう。

希望にそったお産ができればもちろんよいのですが、状況が変わることもあります。
赤ちゃんやお母さんに危険が迫っていると医師が判断したら、帝王切開になりやすいということをわかっておいてほしいと思います。
特に高齢出産、体外受精の場合には、帝王切開が多くなる印象があります。

陣痛の痛みは男性には理解できないものでしょう。
余談として、男性は陣痛の痛みに耐えられるかというオランダでの実験を紹介します。
この実験は、2人の男性が電極装置をおなかにとりつけて、電流を流し、陣痛を疑似体験するというものでした。
その結果、苦痛で顔をゆがめ、2時間でギブアップしてしまいました。
医学的に信頼のおける実験ではありませんが、陣痛はかなりの痛みをともなうということを男性には理解してほしいと思います。
(参照サイト:http://diamond.jp/articles/-/35029)

P R 今すごく話題になっています! 「気」・「血」の流れをよくすれは、赤ちゃんが授かる!
あなたの現状を把握し、タイプ(症状)別に分け自分でできる改善法として詳しく解説されています
↓↓





高齢出産になると色々問題がでてくることはよくご存知だと思いますが、あえてどのような問題が出てくるのか載せてみました。

子宮破裂・妊娠中に血圧が上がったり、糖尿病になりやすい・染色体異常や胎児の障害のリスク・赤ちゃんの心拍が下がる、胎盤に異常が起こる・・・

高齢だと様々なリスクが母体や赤ちゃんに降りかかります。

ただでさえ妊娠するのに苦労したのに出産でもこんなにリスクがあるの…と嘆いてはいけませんよ

これが高齢での妊娠・出産なのです。

だから私はいつもこのブログで妊娠するならば出来るだけ早く妊娠できるように頑張ってほしいと訴えているんです。

なるべく早くに病院に行って不妊治療に関するアドバイスや治療をおこなって、なるべく早くに出産するのが良いのです。

いつか妊娠できるもん♪なんて考えてたらとんでもないことになりますよ。

そんな余裕なんてないんです

不妊治療のみならず私が今までに妊娠の確率を上げるための食事やサプリ、生活習慣などの情報を載せていっていますのでそれを参考に少しでも妊娠確率を上げてください。

これらは出産でもおおいに役に立ちます。

赤ちゃんに出会えるかどうかはあなたの頑張りにかかっているのです!

いつか…じゃなくちゃんと真剣に考えてください

このブログにいくつかバナーなども貼っていますので参考にして妊娠力をあげる手助けにしてくださいね。

私のホームページに妊娠しやすくする方法を載せています。
さらに見やすく分かりやすい内容にまとめてみました ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


(お知らせ)  私のオススメを紹介します
>>不妊治療食事と生活改善を楽天でさがす

みなさんが知ってる豊田一さんが書かれた有名な本ですね
読んで損はしないと思いますよ^^


赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓




自宅でできる人工授精のシリンジキットです。レビューを書いて妊活サプリをゲット!
↓↓




少子化を防ぐためにも30代~40代男女の妊娠力が大切です!

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

ありがたいことに私は妊活をずっと続けてきたおかげで39歳にして妊娠・出産をすることができました。

みなさんにも子供ができないと言うストレスに負けず、効果的な妊活をすることで妊娠する確率が上がることを知って欲しい。

そして、みなさんの要望により私が実践してきた不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版
↑↑
(* 必ず役に立ちますのでお気に入りの登録をしておいてください )


今日は 今では7組に1組のカップルが不妊の時代に突入 についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

今日オススメする書籍は 浅田義正(著) 内村月子(漫画) さんによる 赤ちゃんは、待ってくれない! 妊娠・不妊を左右する「卵子」の話 女性の不妊治療は、早ければ早いほどいい という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>赤ちゃんは、待ってくれない! 妊娠・不妊を左右する「卵子」の話

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

子どもはいつでもつくれる!?不妊治療の専門医が教える妊娠の真実。
女性の不妊治療は、早ければ早いほどいい。
漫画形式なので楽しく読めますね。

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
この記事では30代、40代男女が子どもを持ちたいときにぜひ知っておいてほしいことを語っていこうと思います。
日本で今一番子どもを産みたいのはこの年齢層。
だから私は少子化挽回の鍵を握るのは、当面この「駆け込み組」の妊娠力ではないかと思っている。

実際に少子化に歯止めがかかっている国では、この年齢層も堅調に出産している。
2011年の出産平均年齢はフランスが30.0歳、スウェーデンが30.8歳。少子化対策のお手本国も意外に晩産なのだ。

ところが日本では、このところこの年齢の出産についての認識が右へ左へと大きく揺れ動き、それを注視してきた専門ライターとしてはもう船酔いしそうである。

女性たちは1980年代には30歳になっても出産しないと「マル高になるわよ」と言い合っていた。
当時は日本産科婦人科学会が30代の初産を「高齢初産」と定めていて、カルテや母子手帳に「マル高」のハンコを押していたためだ。
しかし1992年、学会は全国の産科婦人科学教授たちにアンケート調査を行い基準を35歳に引き上げることを決定する。
欧米で見直しが進んでいたことが直接のきっかけだと聞いているが、30代前半の出産も増え女性たちからも「不愉快だ」という声が上がっていた。
英国の文化人類学者シーラ・キッツィンガー女史は、このころ『30歳からのお産-マル高なんか怖くない』(邦訳版 1989年メディカ出版より発行)という本を著し妊婦を年齢によって区別することを強く非難している。

確かに30代では何の問題もなく妊娠して出産する人はたくさんいる。
ときには40代であっても、そうした夫婦はいる。
次の波は、その見本のような人たちが続々と40代出産をするようになって晩婚化していく女性たちの希望の星となったことだった。

NHKが「クローズアップ現代」などで放映した「卵子の老化」についての問題提起は、「40代女性たちが不妊治療の現場で激増している」という医師たちの警告から始まった。
そして今や、20代女性までが動揺して「卵子の老化がこわい!」と思う極端な揺り戻しが始まっている。
40代、特に43歳以降は体外受精の効果がかなり落ちてしまうのは現実だ。
都心では「40代でなければ高齢出産と感じない」という人がほとんどになっているが、夫婦の妊娠力はまったく不公平である。
国もついに動き出し、厚労省の有識者検討会により体外受精の治療費用の公的補助の対象に「42歳まで」という年齢の制限が提案されたことは記憶に新しい。
(参照サイト:http://president.jp/articles/-/10537)

P R 今すごく話題になっています! 「気」・「血」の流れをよくすれは、赤ちゃんが授かる!
あなたの現状を把握し、タイプ(症状)別に分け自分でできる改善法として詳しく解説されています
↓↓





40代に入ると卵子の老化が進んで妊娠できる確率が下がることはこのブログでもずっと載せてきましたね。

妊娠は卵子の数に依存しますので有限なのです。

43歳からの体外受精では不妊治療の効果がかなり落ちてしまうので、日本は有識者検討会により体外受精の治療費用の公的補助の対象に「42歳まで」という年齢の制限が提案されたのですがみなさんはどう思いますか?

今は変更されたかわからないのでまた調べておきます。

私は今回の記事はある意味適切であると思いますが、ある意味適切でないと思っています。

42歳までという制限をつけることで早い段階での体外受精に望むカップルが増えるだろうと推測できますが、43歳を過ぎた人には死刑宣告されたようなものと思ってしまうからです。

妊娠の可能性が高い人にだけ補助して、低い人には補助しないのは公平でないですよね。

せめて補助金は少ないけどそれ以外のサービスを充実させるなりの対策をして欲しいと言うのが私の意見です。

43歳を過ぎても妊娠はもちろん可能です、その可能性を潰すのではなく希望を持てるような国にしてもらいたいね。

私のホームページに妊娠しやすくする方法を載せています。
さらに見やすく分かりやすい内容にまとめてみました ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


(お知らせ)  私のオススメを紹介します
>>不妊治療食事と生活改善を楽天でさがす

みなさんが知ってる豊田一さんが書かれた有名な本ですね
読んで損はしないと思いますよ^^


全国200以上の不妊専門クリニックも採用している妊活サプリメントです。
世界で初めて不妊症に対する有効性が確認された実力派サプリなので信頼性◎
↓↓





こちらは和漢の力に酵素の力をプラスした妊活サプリメントです。
漢方の作用と酵素の力によって妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。
↓↓




知らないなら読んでみて!不妊治療がどのようにして進むのかについてお話します

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版
↑↑
(* 必ず役に立ちますのでお気に入りの登録をしておいてください )


今日は 知らないなら読んでみて!不妊治療がどのようにして進むのか についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

今日オススメする書籍は 辰巳賢一 さんによる最新不妊治療がよくわかる本 原因、検査、治療からこころのサポートまで という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>最新不妊治療がよくわかる本 原因、検査、治療からこころのサポートまで

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

夫婦の10組に1組が不妊に悩んでいるといわれる現代。いつか産みたいと考えているなら、もう知っておこう。高度医療だけでなく、そこに至るまでの妊娠しやすい体づくりや、検査の全体像、心のケアなど内容充実。

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
?さて、実際の不妊治療でどのようなことをするかをお話しましょう。
?基本的には、男性と女性のカップルで相談に来ていただき、そこから双方の検査を開始すべきです。
しかし、まず1人で来られる女性の方も多いので、女性の検査からお話しましょう(男性の検査もこの連載で紹介する予定です)。

?男性の検査が精液検査だけなのに対し、女性はホルモン系統と、子宮・卵巣構造が複雑なため原因が複数考えられるので、挙児希望(子どもがほしいと思うこと)で来院した女性には、次の検査を一通り行ないます。

1.?月経の2、3日目
?採血をして低温期のホルモンの分量を調べます。
また、超音波検査で、子宮の形、内膜の厚さ、ポリープや筋腫の有無を調べます。卵巣にあるAF(Antral Follicle:胞状卵胞)と呼ばれる、その生理周期に誘発したら育つであろう卵胞の数、卵巣の腫れや腫瘍もチェックします。

2.?月経の出血が止まってから排卵の前までの期間(28日周期の人だと、7~11日目くらい)
?造影剤を使った子宮卵管造影の検査で、卵管がつまっていないかをチェックします。
腟から子宮に向かって細いチューブを入れ、造影剤を注入してレントゲンで撮影することになります。
ちょっとした卵管のつまりは、この検査で治ってしまうこともあり、この検査をした生理周期以降、数ヵ月間は妊娠率が少し上がります。

3.?排卵の時期(28日周期の人なら14日目くらい)
?超音波で排卵の時期を予測し、夫婦生活をもってもらった後、理想的には3~5時間以内に来院してもらい、子宮頸管粘液(しきゅうけいかんねんえき)と精子の相性を見る検査をします。
これはフーナーテストと呼ばれます。女性側に抗精子抗体などがあると、男性側の精子を外部からの侵入者として動かなくしてしまう場合があるので、そういった可能性をチェックするのです。

4.?排卵時期から、7日目くらい
?高温期のホルモンがしっかり出ているかのチェックとして、再度ホルモン採血をします。

不妊治療情報

?このように、不妊症かどうかのスクリーニングのために、女性には最低4回は来院してもらいます。

?検査の結果、問題点がわかったら、治療がはじまります。
?たとえば左右の卵管が両方とも詰まっていたら、精子と卵子が会う機会がまずないので、その時点で卵管再建のための腹腔鏡手術を検討するか、体外受精に切り替えます。
また、ホルモン値に異常があったら、その時点でホルモンを補充する薬を出すなどします。
そして精液の状況によっては、人工授精や体外受精へのステップアップがすすめられます。
(参照サイト:http://diamond.jp/articles/-/34748?page=3)

P R 今すごく話題になっています! 「気」・「血」の流れをよくすれは、赤ちゃんが授かる!
あなたの現状を把握し、タイプ(症状)別に分け自分でできる改善法として詳しく解説されています
↓↓




今回は不妊治療がどんな感じで進んでいくのかを簡単に載せてみました。

みなさんは今現在、何が原因で妊娠できていないか詳しくご存知ですか?

いつか妊娠できるさ♪なんて考えていたら大間違い!そんな考えだと一生妊娠できないことだってあるんです。

私がなぜ早期の不妊治療をオススメしているか。

それはもちろん待望の赤ちゃんに出会うため!ではありますが、それだけでなくちゃんと不妊に向き合ってもらいたいからなんです。

妊娠しないから巷で流行っている運動をしたり、妊娠しやすい食事をしたり…、確かに効果はあります。

でもみなさんはそれらがどういう作用で不妊に効果があるのかご存知なのですか?

今の自分が妊娠できていない理由を知ることの方を最優先にして、その原因を元に正しい妊活をすることが正解なんです。

近所の人から進められた方法とかには逆に不妊を助長するものだってあるかもしれないですよ。

そのようなわからないものに頼るのではなく、病院に行って今現在の不妊の原因が何なのか、どのようなことをすれば妊娠できるのかをしっかり理解することが大切なのです。

今は昔とは違い検査することによって不妊の原因が何によるものなのかがわかります。

原因に合わせて治療をするのが一番安全であり一番効率的なんですよ。

今回どのような流れで不妊治療を進めていくかを載せておきましたので、しっかり熟読して不妊治療とは一体何なのかを理解しておいてくださいね。

もっと詳しくは私のホームページに書いていますので参考にしてみてください。

ちなみに私が今までに載せてきた妊娠力を高める方法は全て有効策なので暇があったら読んでみてくださいね。

私のホームページに妊娠しやすくする方法を載せています。
さらに見やすく分かりやすい内容にまとめてみました ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


(お知らせ)  私のオススメを紹介します
>>不妊治療食事と生活改善を楽天でさがす

みなさんが知ってる豊田一さんが書かれた有名な本ですね
読んで損はしないと思いますよ^^


赤ちゃんのために必要な準備をしておきましょう。
厚生労働省からも妊娠のために葉酸を摂取することが推奨されているのです。
↓↓




自宅でできる人工授精のシリンジキットです。レビューを書いて妊活サプリをゲット!
↓↓




今では7組に1組のカップルが不妊の時代に突入について

みなさんこんにちは、ひよこのこです。

このブログを見ている人にとって少しでも妊娠力を上げれるよう頑張っています。

そして、みなさんの要望により不妊に効果のある情報をまとめてみました。


コチラです ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版
↑↑
(* 必ず役に立ちますのでお気に入りの登録をしておいてください )


今日は 今では7組に1組のカップルが不妊の時代に突入 についてのお話です。

不妊についての知識を深めて安心安全に赤ちゃんを迎え入れるよう頑張りましょうね。

今日参考になる書籍は 加藤修(産婦人科学) さんによる不妊治療はつらくない むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける という著書です、良かったら覗いてみて^^

>>不妊治療はつらくない むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける

クチコミでの評価も凄く高いかなり人気の本です

いま話題の最新技術「卵子若返り法」など、独自の研究データや技術もくわしく紹介。なぜ、苦労してでも夫婦ふたりの間の子どもがほしいのか?クローン、卵子提供、AIDを否定する著者の熱い思いが語られる。

それでは今回のお話を見ていきましょう
↓↓
これは私個人の経験からの印象ですが、女性だけでなく男性が高齢の場合、子どもができにくいようです。
逆に女性が高齢でも、男性のほうが若いカップルであれば妊娠が成立するケースもあります。
知り合いの先生のクリニックで最近、体外受精で妊娠が成立した女性の最高年齢は47歳だったのですが、相手の男性は一回り以上年下でした。


なぜ不妊は増えたのか?

子どもを産むというのは、人としてごく自然なことです。
にもかかわらず、カップルのうち「7組に1組」が不妊に悩んでいるという現実に、驚かれる方も多いと思います。

なぜ不妊はここまで増えたのでしょうか。
直接的には、妊娠・出産をしようとする女性の高齢化です。
生理が変わってくる前の36歳~37歳前後までが、女性が自然妊娠しやすい時期です。
大事なことなので、この連載でもまた後ほど説明したいと思いますが、一般的には、年をとるほど卵子も高齢化し、妊娠しにくくなります。

さらに突き詰めると、現代社会では、社会的な要因で不妊が増えていると言えます。
女性の社会進出にともない、キャリアを充実させたい時期である20代後半から30代前半は、妊娠しやすい年齢とまったく重なっています。
そろそろ子どもをつくろうかという30代後半から40歳くらいになると妊娠率が低下していく年齢を迎えます。

また最近では、子どもを育てるにはお金が必要というイメージがあるので、経済的に落ち着いてから子どもを産もうと考える人が多く、そうしているうちに30代後半になってしまいます。
そこからタイミングをはかるとさらに時間がかかり、「時すでに遅し」ということもしばしばあります。

リスクの多い高齢出産を避ける35歳までに妊娠を考えるとすると、女性が働き始めてから、その期間は10年ほどしかありません。
もっと働きたいと思えば妊娠しにくくなるというわけです。
そのため女性は、常に年齢を意識しながら、仕事か出産かという決断を迫られているのです。
(参照サイト:http://diamond.jp/articles/-/34748?page=2)

P R 今すごく話題になっています! 「気」・「血」の流れをよくすれは、赤ちゃんが授かる!
あなたの現状を把握し、タイプ(症状)別に分け自分でできる改善法として詳しく解説されています
↓↓




今では女性もバリバリお仕事をこなしていますよね。

とてもすばらしいです、個人的にはまだまだ女性に厳しい職場も存在しているのでどんどん頑張っていってほしいです。

しかしながらこれにより大変手痛いデメリットが発生してきているんですね><

お仕事をバリバリしているとどうしても婚期が遅れがちだし、子作りもさらに遅くなってきてしまいます。

そうするとどうしても不妊におちいってしまうのです…。

うーーーん・・・

難しいですよね^^;

仕事を優先するか結婚&妊娠を優先するか。

この2つを両立できれば良いのですが、これをできている方はそんなに多くないのが現実。


ここで少し冷静に考えてほしいの。

結婚&妊娠っていつでもできると思う?

仕事っていつでもできる思う?

私的には仕事ってやるきがあればいつでもできると思うの。

それに対して出産って年齢に限界があるよね。

だからできればお仕事よりも結婚&出産に重きを置いてほしいってのが私の願いなんです。

お仕事が大切なのはわかるのですが、赤ちゃんよりも大事なのですか?

もしお仕事が大事なら赤ちゃんは諦めるつもりでいたほうがいいかもしれませんよ。

あなたが選んだ道なんです、決して後悔しない選択をしてくださいね。

私のホームページに妊娠しやすくする方法を載せています。
さらに見やすく分かりやすい内容にまとめてみました ⇒ 不妊なんかに負けないもん ホームページ版


(お知らせ)  私のオススメを紹介します
>>不妊治療食事と生活改善を楽天でさがす

みなさんが知ってる豊田一さんが書かれた有名な本ですね
読んで損はしないと思いますよ^^


全国200以上の不妊専門クリニックも採用している妊活サプリメントです。
世界で初めて不妊症に対する有効性が確認された実力派サプリなので信頼性◎
↓↓





こちらは和漢の力に酵素の力をプラスした妊活サプリメントです。
漢方の作用と酵素の力によって妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。
↓↓




プロフィール

ひよこのこ

Author:ひよこのこ
不妊治療をしている私が持っている知識を皆さんに知ってもらおうと奮闘するブログです。
是非皆さんの知識もブログに投稿してください!

不妊クリニックでも採用

なんと不妊治療専門クリニックでも
使われる実力派サプリメントです

和漢+酵素の力

和漢の力と酵素の力で妊活サポート
妊娠しやすい体を作り上げれます

東尾理子さんが使用しているサプリ

東尾理子さん中村江里子さん愛用
これが妊娠の秘訣のサプリ

赤ちゃんの準備では必須です

葉酸は厚生労働省から妊娠前の
摂取を推奨しています

ママになるための体作り

マカの力で赤ちゃん

オススメ

不妊友達の数

ランキング

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。